早稲田生が浪人生の悩みに答えていく③

勉強方法

はい、早稲田生が浪人生の悩みに答えていくシリーズ第三弾です

 

第一弾と第二弾は以下のリンクから

 

早稲田生が浪人生の悩みに答えていく
早稲田生が浪人生の悩みに答えていく②


では、マイル

勉強を始めてから結果が出始めるまでにどれくらいかかりましたか?

浪人初めて勉強を始めたけど、いつのタイミングで伸び始めるのかが分からなくて不安な生徒さん



伸び始めるのは早くて三か月~長いと六か月~



くらいの体感です



というのも、勉強って始めのうちはほとんどインプットになるじゃないですか。英単語然り、古文単語然り、歴史の一問一答然り



インプットの比率が多いときは「問題を解く」という行為をしていないため、対問題は伸ばせないのはしょうがないです



だから最初のうちは結果が出なくてもあまり焦らないように。自分はまだインプット期間なんだな、と思うようにすれば少しは気が楽になるんじゃないかな。



大体インプット7:アウトプット3→インプット7:アウトプット3に変化してきた頃が伸びを一番感じられると思います



アウトプットと同時にインプットもできるような状態になったとき、これが一番伸びます。何ならアウトプットは最強のインプットだと思ってるから



なんでもやってみないと覚えないし、意味理解できないでしょ。だから問題解きながら単語の意味や用語の使われ方・歴史の流れを覚えることが出来るようになったら勝ちげー。ハイ合格。って感じです。



だからそこまでは、我慢の時間だと思ってインプットしまくってください




まとめ

  • 結果が出始めるのは早くて三か月~
  • 最初はインプット期間
  • アウトプットの比率が多くなってきたときから伸び始める
  • アウトプットしながらインプットできるようになったら勝ちげー

自分の今の学力を測るには何を参考にすればいいですか?

この質問をしてくれたのは、僕の生徒でもあり、東京大学合格に向けて猛烈に勉強に励んでいる生徒



質問の概要はこんな感じ



本気で逆転合格を目指すのならば、合格から逆算して自分に必要な勉強だったり、必要な期間だったりを把握するべきだと思う

今の自分の学力を測るには模試は有効なのか、過去問が有効なのかわからない




という質問



めちゃくちゃいい質問ですよね



今の自分を測るには何が有効なのか?



これは過去問一択ですね



受験生になるとめちゃくちゃ模試受けさせられるじゃん。で、結果見て一喜一憂するやん。ベネッセは簡単だとか、河合が一番あてになるだとか、駿台は鬼畜すぎるとかね。



で、志望校の順位見て安心したり、全然届いてないじゃん…って落ち込んだりね



でもさ、模試ってさ模試なわけよ。確かに各予備校が練りに練って大学受験を意識して問題作成をしてきてはいるんだけど、受験する者にとって点数を取らなければいけない問題は志望校の問題なのね。


つまり一番重視すべきは


過去問



ここを見失ってしまうと、模試はいいけど本番に弱い人になってしまう



確かに模試の点数も大事。だけど、もっと大事なのは過去問と今の自分の距離



自分と大学との間の距離がどれだけあるのか



を知り、対策を練り、努力を積み重ねる



これが合格への一番の近道であり、王道ルートだと僕は思っています




しかも、模試って上位校の生徒は後半の模試まで受けてなかったりするからあてにならないんだよね。あとは、模試では志望校を旧帝大で出してたけど、受験本番は日東駒専~MARCHまで手広く受験する受験生も多いしね

そうなると今まで模試で戦わなかった上の人たちがいきなり同じ土俵に現れるわけよ。これはヤバいって。レベルカンストのモンスターが表れるのと同じくらいやばい。



だから模試の結果は参考程度にとどめておいて、過去問との自分の距離を正確に把握しておくことに主眼を置いて勉強するのがいいと思います


過去問出来てれば、模試出来なくても焦る必要はないわけだしね



僕も二浪時、早稲田受験するとき過去問オンリーでした。過去問研究しまくってどうやったら点数が取れるか。どの分野が出やすいのか。どの時代が問われやすいのか。過去問の中に未来の入試のヒントはないのか?を研究しまくって1か月半という超絶短期間で合格出来ました。


よって過去問は最強過去問は神




みんな過去問やりまくろう


まとめ

  • 模試は参考程度に
  • 現在の自分と過去問の距離を知る
  • 過去問研究命
  • 過去問は最強
  • 過去問は神
  • 過去問やりこめば何とかなる