受験メンター始めます

こんにちは!


Live Peace代表のRASHOです!



受験メンターを始めることを皆さんにお知らせします!

プロフィール

早稲田大学商学部二年生


現役時に有名私大に合格するものの、大学に行くというイメージがわかないのとやりたいことが分からず日本の最高学府である東京大学を目指すことを決意して浪人の道を選択



東京大学を目指して勉強するものの得意教科と苦手強化のペース管理を失敗し努力もむなしく不合格


一浪失敗して人生詰んだ。。。
と悲観的になり現実から目をそらすように遊び呆ける毎日


1月3日当時放送されていたテレビドラマ「陸王」のあるシーンで役所広司さん演じる主人公が、会社のすべてをかけて作成した靴が選手に履いてもらえないかもしれない

といった危機に陥った際に語った


今までやってきたことは無駄になってしまうかもしれない。でも決して無意味ではない



というセリフを聞いて自分に言われてるような感覚になる


それまでの自分は今までしてきた努力がすべて無駄だったと悲観的になっていましたが、この努力をほんとうに無意味なものにしてしまうかそれとも価値あるものに変えられるのか


今後の自分の努力次第である


ということに気づいてこのタイミングで早稲田大学を受験することを決意


徹底的に志望校を研究し過去問ベースの勉強を進めていくことで約2か月半という短い期間でも無事に合格


国語・日本史は9割、素点合計約80%という高得点を取ることが出来た


現在は趣味の筋トレやランニングにいそしんでいる


将来は会計哲学を専門に学んでいきたいと考えていて会計を通じて持続可能な経済社会の実現と漸進的な幸福度の低下に一石投じることが出来ればと考えている

なぜやるのか?

大学受験をするにあたって心のよりどころがなさすぎる

 

と感じたのがきっかけです

 


僕は、宅浪生だったのっで勉強は基本的に一人で家でするか図書館でするかみたいな感じだったんですけど



まず相談相手がいないのがきつかったです


同じ悩みを共有できる相手がいないし、行き詰った時にちょっと弱音を吐く相手がいなかったのがつらかったです



心に悶々とした感情は抱えてはいるものの吐き出す場がなく負の感情だけが募っていくという感じです

 


さらには勉強の方向性があっているのか?



というのがわからない点も不安でした



宅浪生の場合はホントに相談できる相手がいないので日々これでいいのか?ということを考えながらの勉強でした



現役時には予備校に通っていたのですが、相談しても過去の合格者の勉強の進度を基にした学習計画を提示されるだけで現状の学力や僕個人のタイプは完全に度外視したアドバイスであまり参考にならなかったという思いがあります



結局方向性が分からないまま努力を続けていた感じです


こういった受験勉強をとりまく環境をどうにかできないかと思い、受験メンターになり、受験勉強をしていく上で必ず生じる疑問や迷いの解決の糸口をともに探すことで



受験勉強を苦しいだけのものから成長の場として、また目標達成の喜びを味わえるものとできるような経験にしていきたい



という強い思いから受験メンターを始めようと思いました

受験メンター

受験メンターって何?って方が多いはずですよね


受験メンターとは


受験生本人の進路や希望の大学、受験科目、受験勉強の方法、学習進度の提案等



受験をしていく上で必要になるすべての要素についてアドバイスしていくというものです

アドバイスの例として以下があげられます

Goalを設定する

受験勉強におけるGoalを決めます



どの大学に行きたいのか?よりも前に



「将来の自分の理想像」を一緒に考えていきます


将来何をしたいのか?



将来どんな自分でありたいのか?



将来どんな職業につきたいのか?


どんな自分になりたいのか」を明確にし、将来の自分をイメージすることが一番重要になります。


理想像がはっきりしないまま受験校を選んでしまうと、たとえ合格したとしても理想像とはかけ離れた大学生活を送ることになってしまったり、そもそも目標が不明瞭すぎて入ったはいいけど何したらいいかわからない


という無駄な時間を過ごしてしまうリスクがあります


大学受験は人生において節目となり得る大きなイベントであり人生を左右する可能性すらあります


そんな大学受験で目標設定が不十分だったためにミスマッチが起きて無駄な時間を使ってしまう事態を避けるためにも


何になりたいのか?を明確にしてからどこの大学に行くのか?



を一緒に考え、将来設計を模索していきたいと思います

Whyを考える

次にWhy=なぜ?



を考えていきます



「なぜ」を考える習慣は受験をしていく上だけでなく、今後の人生を歩んでいく上でとても大切なことだといえます




目標は決まったはいいけど多くの受験生が理由もなく意味も分からず、大学受験に臨んでしまっている




という現状があります


理由なき行動には往々にして結果が伴わないものです


逆を言えば、なぜその大学に行きたいのか?が明確になっていればなっているほどその目標に突き進んでいくことが可能になります


そこで、皆さんの「Why=なぜ?」


なぜその大学に行きたいのか?



なぜそのその進路を選びたいのか?



なぜその勉強方法なのか?



目標設定を基に理由を洗い出し、目標に対する曖昧さを振り払っていきましょう

 

理由が明らかになるだけで迷いが消えて何事にも取り組みやすくなります

When=いつ

Goal=目標、Why=理由を明確にした次は



When=いつ



を明確化していきます



大学受験における最終的なGoalは受験日です



ですので、受験日までの過程をGoalから逆算して設定していきます




現在の自分の学力と志望校との距離を正確に測り、どのペースで勉強すれば志望校合格に近づけるのか



基礎的な学習はどの時期までに終わらせておくべきなのか



演習問題はいつから始めるべきなのか



といった過程は生徒個人個人によって千差万別です


基礎的な学習がある程度終わっている生徒は早めにアウトプットの比率を増やして発展系の問題演習に取り組んだほうがいいですし



基礎がまだ終わっていない生徒は、いつまでに基礎学習はどの程度必要なのか?いつまでに終わらせるべきなのか?



を明確にしないと、無駄に基礎学習に時間をかけてしまったり、基礎が出来ていないのに問題演習に取り組んでしまって本来得られるはずの問題演習の効果が得られなかったり



非常にもったいない時間を過ごしてしまうことになります



そういったもったいない時間を過ごさないためにも、生徒の実情に合わせていわば生徒オリジナルの受験計画を作成することで一人一人が着実に力をつけていくことが可能にしていきます

How=どうやってを考える

Goal・Why・Whenを明確化した後は



How=どうやって



を考えていきます



いわば、どのような学習方法をとるのか?を一緒に考えていくということです



受験勉強の方法には様々なものがあります


単語を覚える時には書いて覚えるのか・見て覚えるのか・声に出して覚えるのか
このうちの何個か組み合わせて覚えるのか



問題集も、正答率が100%になったら次の単元に進むのか、ある程度の理解度に到達したら次のステップに進んで高回転率を追求するのか



そもそもどんな参考書・問題集を用いて学習を進めていくのか




受験勉強は合格体験が巷に多くあるため良い情報に巡り合うことが出来ればいいですが、情報量の多さから自分に必要な勉強方法や参考書・問題集を選択することがしづらくなっているという現状があります




そこで、生徒の志望校やヒアリングをベースにして必要な学習方法・参考書・問題集を選択します




極論、大学受験は志望校に受かることが最大命題なので




「志望校合格」に徹底的にフォーカスして




合格を勝ち取る方法を設定して学習に役立てていただきます

Do=実践

最後は実際に学習していきます


上記のGoal・Why・When・Howを基に学習計画を作成し、学習計画に沿って受験勉強に臨んでもらいます


自らの手で自分の将来の理想像を描き、明確な理由を持ち、期間設定をして、方法論がそろっていても実際に勉強しないことには学力は上がりませんし志望校合格も近づいてきません


結局受験において一番重要なのは「合格するだけの勉強が出来たのか」という点につきます


そこで、目標・理由・期間・方法設定した後に実際に勉強をし、途中経過のヒアリングを通して上記の設定の変更や勉強方法の見直しもしていきます


勉強が計画通りに進まなかったときや逆に成績が思った以上に伸びたときなど、あらかじめ設定した計画だと無駄が多くなってしまう場合もあるので、そういった場合はメンターとともに計画を変更していきます



また、勉強をしていく上で障害となる様々な事象についても解決案を用意・策定して志望校合格に励んでもらいます

具体的な指導内容

ベースとしましては上述の通りとなります。

 

 

目標を設定し、自分の立ち位置を測り、プロセスを策定していく

 

 

というものです

 

 

一週間に一度一時間、対面またはオンライン形式で現状確認や、予定の変更等、勉強を進めていく上でのアドバイスを行います。

 

 

また「スタディプラス」というアプリで毎日の学習を記録して頂き、記録に対してフィードバックを行っていきます。

 

 

毎日勉強していく中で進め方や、暗記の仕方等、方法論についての疑問が生じた場合にはその都度質問して頂ければ解答していく形になります。

料金体系

入会金:20,000(税抜)

 

メンター代:

3教科以上 40,000円(税抜)

 

2教科 30,000円(税抜)

 

1教科 20,000円(税抜)

 

週一回のメンターと毎日の勉強チェック、365日質問対応、一年間、一か月間、一週間単位の勉強スケジュール作成を含めての料金となっています

 

月途中の入会は日割り計算

 

さらに

 

三か月まとめてお支払いの場合は5%OFF

 

12か月まとめてお支払いの場合は10%OFFとなります

※12か月まとめての場合は、受験終了日までを当該期間として料金計算を行います。なお、12か月まとめてお支払いの場合は受験日まで三か月以上ある場合に限ります。そのほかの場合はご相談ください。

 

 

対応科目数については現在特に制限は設けていませんが、理系科目(物理・化学・地学・生物・数Ⅲ)と地理は私が未修のため、これらの科目も含めての受講を考えている方は、ご相談ください。