《受験生必見》現役早稲田生が教える英語の勉強方法【心構え編】ー中編ー

Live Peace

はい、どうもLive Peace代表のRASHOです

 

前回の記事の続きです

 

前回の記事は下にリンクを貼っておくので是非こちらの記事を見てから今回の記事を見てください

《早慶受験生必見》現役早稲田生が教える英語の勉強方法【心構え編】ー前編ー

では早速本題に移りたいと思います

出題形式ごとの問題対策

前回の記事でも述べた基本的な単語・熟語・英文法が身についたら、各形式の問題対策をしていきます

志望校で出題される形式を過去問から把握し、それに応じて対策を講じていきます

英文解釈

英作文や長文読解の土台になるのが、一文レベルで英文を読む力、すなわち英文解釈です。よって各形式の問題対策の中でも最も重要なのが英文解釈になります

 

英文解釈では典型的な和訳問題に出される構文や、見抜きにくい構文とその他の見抜き方を中心に勉強していきましょう

 

「入門英文解釈の技術70」「英文解釈の技術100」をはじめとする英文解釈問題集を一冊やりこめば十分だと思います

 

英文解釈の学習の優先順位としては、まずは訳せることよりも文章の構造をしっかりと掴むことに重点を置いて学習を進めていきます

構想を理解することが出来れば、あとはその構造の「型」に誤訳を当てはめていけばいいので思っているよりは難しくはないと思います

 

英文和訳は「文章の意味」を答える問題ではなく、「語彙と構造を理解していることを採点者にアピールする」問題なので、どのうような訳をすれば採点者に自分の理解が伝わるのか参考書の訳例や解説を参考にして身に着けていくようにしましょう

長文読解

他の分野と同じように問題集を一冊用意しましょう

最終的には志望校の形式に合った対策をするのがいいので、問題集を何冊も使ってやりこむ必要はないです

問題種も教科書や学校の教材で十分な場合が殆どです

 

とは言え、学校の教材だと大学受験を想定していない場合もあるので「やっておきたい英語長文」等、有名な問題集を使用してくれればと思います

 

各人のレベルに応じて簡単すぎず難しすぎない程度で、「何とか読み切れる」レベルの英文を読む練習をすることが重要です

長文読解においては様々な要素があります。

一文一文を読むために構文を取って構造を把握しなければなりません。構文が取れていても基本的な語彙力が伴っていなければ意味を理解することが出来ません。

また一文の内容が分かっても、文章全体の流れをとらえることが出来なければ要旨要約や内容説明の問題を解くことも困難になります。

長文読解の問題演習中で何が足りていないのかを分析して補うようにしていきましょう

 

基礎的な語彙・文法知識が不足しているならば、単語帳・文法書で補う。構文が取れない場合は逐一解説で確認して必要に応じて英文解釈の問題集で練習していきましょう

 

 

これに加えて文章をスムーズに読み進めていくためには、項目ごとに学んだ文法知識や、別々に覚えた単語を瞬時に思い浮かべて読解する訓練が必要になります。長文読解の問題集ではその練習を行うことを意識してください。

文法や英文解釈といった各レベルでの知識と、それらの知識を統合して素早く引き出していく応力が求められます。

よって長文読解における英文の読み方は英文和訳とは異なるものだと覚えておいてください。

 

これらの能力を高めるのは簡単なことではないので、上記の意識を持ってなるべく多くの英文に触れてある程度の量をこなすことは英文をスムーズに読み進めていく上で非常に重要になっていきます

 

上述の通り、一文ずつの文章を読むだけではすべての問題に対応することはできません。

文章全体を把握しないことには、内容に関する問題、要旨要約問題は解くことが出来ません。

 

逆に言うと、文章の内容が把握できていれば、文章中に難解な単語や文があっても全体の趣旨から推測することが可能になります。

 

まずは、志望校の長文問題が同いった形式で出題されているのかを確認しましょう。

そして問題演習をを通じて一般的な長文の読み方を練習したら、あとは過去問演習によって個々の大学の問題の特性に合った対策をしていきましょう。